浦和レッズの罰金の理由はなぜ?ACL浦和対済州の乱闘にAFCが処分!

ACL浦和レッズ対済州戦での乱闘にAFCが処分を決定した!暴力行為のあった選手に加えて浦和レッズにも罰金処分が科されたのはなぜ?その理由とは?

浦和レッズ、ACL済州戦で勝利も試合終了時に乱闘に

2017年5月31日に行われたACLアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦浦和レッズ対済州ユナイテッド戦が行われた。結果は延長戦の末浦和が3-2でこの一戦を制したが、注目されたのは試合の最中と終了後に起きた両チームの選手が入り乱れての乱闘の勃発であった。

ことの発端は、延長戦後半9分逆転した浦和が残り時間の消化のため時間稼ぎをしたことにあった様です。スポーツマンシップの観点で言えば正々堂々としていないという意見あがあるかもしれないですが、これもサッカーにおける重要な戦術であることから、今回の時間稼ぎについても、特別に取り上げて否定することができないものであることも確かでした。

そして、試合終了時に乱闘が発生。済州ユナイテッドの選手が浦和レッズ槙野選手を追いかける映像が大きく取り上げられました。済州ユナイテッドサイドとしては「試合終了間際槙野選手が済州ベンチに向かい勝利のセレブレーションをした」とコメント。これが事実であれば、乱闘は容認できないにしても、それ相応の理由を槙野選手本人が作っていた可能性もあったと考えられるかもしれません。

乱闘事件を受けてAFC(アジアサッカー連盟)が処分

発生した乱闘についてAFCでの協議の結果以下のような処分が下ることとなった。

済州チョ・ヨンヒョン(退場後ピッチに戻り浦和スタッフに水をかける)

6カ月間の出場停止、2万ドル(約220万円)の罰金

済州ペク・ドンギュ(阿部にエルボー)

3カ月の出場停止、1万5000ドル(約165万円)の罰金

済州クォン・ハンジン

AFC主催2試合で出場停止、1000ドル(約11万円)の罰金

済州ユナイテッド

440万円の制裁金

そして、浦和レッズに対しても罰金処分

220万円の制裁金

浦和レッズに罰金が科されたのはなぜ?

暴行などの被害を受けた側であるにもかかわらず罰金処分を受けることとなった浦和レッズは公式サイトに以下のコメントを掲載している。

日ごろより、浦和レッドダイヤモンズをサポートいただき、まことにありがとうございます。

9日、アジアサッカー連盟(AFC)から、5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFCにおいて、試合後の騒動に関わったこと、また試合の価値を落としたことにより、浦和レッズに2万ドルの罰金が科されると発表がありました。

規定に基づき、裁定内容について詳細を確認しておりますので、今後の対応につきましては、あらためて、オフィシャルサイトを通じて、ご報告させていただきます。
(引用元:浦和レッズ公式サイトより)

なぜ浦和レッズに罰金が科されることになったのか、その理由とは

上記のクラブコメントにも記載がある通り、「試合後の騒動に関わったこと、また試合の価値を落としたこと」これが一番の理由となるだろう。常套手段であるもののスポーツマンシップにかける遅延行為や槙野選手のセレブレーションに一部行き過ぎた部分があったことを暗に認めているとも言えるかもしれない。直近で森脇選手の外国人選手への差別発言などで騒動となった経緯もあることから、クラブ体質を改める良い機会にすることが浦和レッズがするべき対応なのかもしれない。

この記事のまとめ

・浦和レッズがACL済州戦で乱闘騒ぎに発展
・AFCが暴力行為があった3選手に加え浦和レッズ・済州両クラブにも罰金
・浦和レッズの罰金処分の理由は「試合後の騒動への関与」「試合の価値を落としたこと」

(画像出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170609-00026665-sdigestw-socc)

スポンサードリンク