本田圭佑がインサイドハーフで躍動!日本代表戦で久保裕也との両立へ!

クラブでの冷遇や本職でない右サイド起用を理由に、印象的なプレーが消えつつあった本田圭佑がインサイドハーフへのコンバートで好パフォーマンスを見せた!インサイド〜ハーフに落ち着けば救世主久保裕也との両立も可能になるかもしれない。

親善試合日本代表対シリア戦に本田圭佑が出場

2017年6月7日、サッカー日本代表がW杯最終予選で戦う、仮想イラクの予行としてシリア代表と国際親善試合キリンチャレンジカップで対戦した。これまで親しんできたトップ下を用いた4-2-3-1システムから中盤の底にアンカーを置きMFはインサイドハーフとアンカーのみの4-1-2-3システムが起用された。

開始5分でキーマン香川真司が負傷退場したことやシステムの熟練度の低さなどからチャンスを作り出せず、攻撃陣が沈黙。格下シリアに先制点を決められ最悪のケースがよぎったがMF今野のゴールで追いつき1-1の同点で試合を終えた。

本田圭佑をインサイドハーフに変更、攻撃が活性化

香川真司の負傷交代で入った倉田秋も2年ぶりの招集、そして普段守備的な役割の多い今野がインサイドハーフに入ったことから攻撃陣が沈黙。前線の3トップも奮闘するが何よりチャンスメイクの数が少なかった。

後半より不調気味の久保裕也に変わって本田圭佑が右ウィングに入る。かねてより問題視されていた本田圭佑のスピード不足から、やはり起点となりきれない状況にだったが、故障明けの今野が後半途中で退きインサイドハーフに入ることとなる。

前半戦はMFでボールとゲームをコントロールできていない印象であったが、インサイドハーフに入ることでボールが動くようになる。「トップ下の王様」時代より一列後ろに控えサイドで行き場がなくなったボールを散らす中継地点となり、横パスと縦パスの選択肢を増やすことができるようになった。乾貴士のセンス溢れる仕掛けも相まって前半せんでなりを潜めていた日本らしいサッカーが蘇った。

本田圭佑と久保裕也の両立が実現!ポジション争いに終止符!

本田圭佑の「インサイドハーフ」起用がハマったことにより、本田圭佑と久保裕也で争われていたポジション争いが終了することになる。現在の日本代表には必要不可欠な二人がポジション争いにより片方が控えになることを危惧していたサポーターやファンには良い結果だったに違いない。

ボールを持った時のキープ力の高さは日本代表で一番と言ってもかごんではなく、インサイドハーフであればもとよりタッチライン際での徒競走では誰が相手でも分が悪かった本田圭佑も、あえて一列後ろに控え遅れてペナルティエリアに飛び込むようになれば今以上の得点機会に恵まれることに違いない。

この記事のまとめ

・日本代表のシステムが4-1-2-3に変更、トップ下廃止
・意外にも本田圭佑のインサイドハーフが日本代表にハマった
・スピード不足もキープ力の高い本田圭佑にインサイドハーフは合っている
・インサイドハーフ起用で本田圭佑と久保裕也の両立が実現

【まとめ】本田圭佑の記事一覧はこちら

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=_MXOQEFa6PU)

スポンサードリンク