加藤恒平の移籍先は?ブルガリアから主要リーグへ!日本代表定着が目標!

ハリルホジッチのサプライズ加藤恒兵がブルガリアからの日本代表定着のためにも移籍を希望!持ち味に会うリーグはプレミアリーグ?それともブンデスリーガ?

ハリルホジッチのサプライズ、加藤恒平とは?

異色の経歴とプロフィール

生年月日 1989年6月14日(27歳)
出身地 和歌山県新宮市
身長 173cm
体重 70kg

学生時代はジェフユナイテッド市原・千葉のジュニアユースやU-18に所属していたが、その後は立命館大学へと進学、大学でサッカーを続ける。大学卒業後はJ2リーグのFC町田ゼルビアに所属するも2012年3月から同年12月までの短い期間であった。

通常であれば次のステップも国内Jリーグ内でのステップアップになる所、加藤恒平の選択は違った。新天地に選んだのは海外はモンテネグロ1部のFKルダル・プリェヴリャだった。同クラブで2年を過ごし2014-2015シーズンはリーグ優勝を経験する。2015年にはポーランドのクラブを経由し、現在のブルガリアのクラブへと辿り着く。

ブルガリア1部FCベロエに所属

正式名称PFCベロエ・スタラ・ザゴラ。2012-2013の国内カップ戦を優勝、2015-2016シーズンをリーグ3位、2016-2017シーズンを中位で終える。2013年には国内リーグ覇者とカップ戦覇者が対戦するブルガリア・スーパーカップを優勝しており、今シーズンこそ不調であったが、近年のブルガリア国内の上位クラブである。

日本代表定着のためにも移籍したい

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00596713-soccerk-socc)

サプライズの張本人であるハリルホジッチ監督は「ハイレベルな選手になるための準備が必要」と発言。本人も今後キャリアや日本代表定着のためにも、移籍を希望しているようだ。

MF加藤はレベルアップを目指して移籍希望を口にした。ハリルホジッチ監督から「能力はある。ハイレベルになるための準備をしないといけない」と技術、フィジカルの向上を求められている。ブルガリア1部ベロエ・スタラザゴラとの契約は来季まであるが「スペイン、ドイツの2部以上とベルギー、オランダでプレーできれば」。海外組合宿を終えて「守備の部分は、やれると自信がついた」と話していた。
(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-01835174-nksports-socc)

加藤恒平自身もブルガリアからの移籍を希望

加藤恒兵選手本人も控えめではあるが「スペイン、ドイツの2部以上とベルギー、オランダでプレーできれば」とコメントしていることから、今後ブルガリアからの移籍も視野に入れていることが見て取れる。そんな加藤恒平の移籍先に会うリーグはどこなのか?

プレミアリーグ

ピッチ内では縦のボールの動きが多く、よりサイドでボールを動かすことが特徴。専門ポジションであるMFも他のリーグに比べ、ゲームメイクよりもパスの中継地点と守備時のフィルターの役割を求めれることから「ボールを奪う人」である加藤恒平にはっているかもしれない。去就が不透明な本田圭佑が招集されていることから、中位から下位のクラブやプレミアリーグ昇格クラブなども注目している今回は重要なアピールの場所となるだろう。

ブンデスリーガ

クロップ監督有名にしたゲーゲンプレス(カウンタープレス)と言う言葉があるほど、カウンターが大きな特徴となるリーグ。加藤恒平の持ち味である「ボールの奪取能力」を必要とするクラブは多いはず。香川真司、大迫勇也や原口元気らの活躍もあり日本代表の試合も注目されているだろう。

この記事のまとめ

・加藤恒平はブルガリアのクラブに所属する異色の経歴の持ち主
・注目は今ひとつだったがハリルホジッチのサプライズで一躍有名になった
・キャリアや日本代表定着のためブルガリアからの移籍を希望
・加藤恒平にはプレミアリーグやブンデスリーガが合う?

(画像出典:PFCベロエ公式サイトより)

スポンサードリンク