堂安律とはどんな選手?ガンバ大阪からPSV移籍?U20代表でも活躍!

ガンバ大阪所属の若き選手堂安律とどんな選手なのか?ガンバ大阪やU20日本代表での活躍や移籍の噂を調べてみた!

【動画】堂安律とはどんな選手?

1998年6月16日生まれ、2017年現在で18歳。小学校から中学校に進学する際にガンバ大阪と名古屋グランパスエイトからオファーを受け、ガンバ大阪を選択。ガンバ大阪ジュニアユースに所属し、全国三冠を成し遂げる。左利きの天才MFということでガンバ大阪ユース出身で天才と呼ばれた家長昭博とよく比較される。

2015年5月にはガンバ大阪トップチームのACL遠征に帯同。後半のわずか2分ほどではあったが決勝トーナメント1回戦FCソウル戦に途中出場。「16歳11カ月11日」でのデビューはガンバ大阪のシンボルでもある宇佐美貴史の記録17歳14日を更新する記録となった。

その他にも2016年には「AFC U-19選手権MVP」、「AFC 年間最優秀ユース選手賞」を受賞した。

PSVへの移籍話もあったがガンバ大阪に残留

ガンバ大阪U23が所属するJ3リーグで活躍、一時J3での得点ランキング首位となったことなどから国内外から注目を集め、海外ではオランダ1部リーグ、エールディビジ所属PSVアイントホーフェンから正式なオファーを受ける。

当時オランダ1部リーグ、エールディビジは日本人選手が世界の舞台へと活躍のコマを進めるステップとして有名なリーグであったことから、堂安選手も移籍を悩む。最終的にはガンバ大阪長谷川健太監督や若くして海外挑戦の経験があった宇佐美から説得され残留を決心することとなる。

青田買いが昨今の移籍市場のトレンドではあるものの高校生にして海外から正式なオファーをもらえるのは才能の証拠と言っていいだろう。

サッカーU-20日本代表としても活躍中

現在開催中であるU20ワールドカップに日本代表メンバーとして召集されており、第1節日本-南アフリカ戦にも出場。前半開始早々の7分、気を抜いた一瞬に南アフリカFWマージマンが抜け出し1点のビハインドをもらってしまう。前半はチャンスを得るも得点には繋がらない。

そのまま後半に突入し、開始直後の48分に1点を取り返しゲームをイーブンに戻すが、再三チャンスを作り出すもやはりゴールを奪取できない。そんな中、逆転の機会がやってくる。

ペナルティエリア前でボールを受けた堂安が、エリア内に侵入する久保建英へダイレクトでパス。再度ダイレクトで折り返しを受けて堂安がそのままゴールにボールを突き刺した。このゴールが決勝点となりU20ワールドカップ1回戦日本の勝利となった。

日本の至宝として今大会注目の的となっている久保建英とのコンビでつかんだ勝利だった。

久保建英のバルサ復帰は間違いない、関連記事はこちら

この記事のまとめ

・ジュニアユース時代よりガンバ大阪一筋
・ガンバ大阪での宇佐美貴史の最年少記録を更新
・PSV移籍のオファーがあったがガンバ大阪に残留
・久保建英とともに今後のサッカー日本代表背負う存在

(画像出典:ガンバ大阪公式サイトより)

スポンサードリンク