ソン・フンミン移籍先は軍隊?トッテナムの好調を断つ兵役はいつ?

現在のアジア最高選手、トッテナムで存在感を放ち、順風満帆な韓国人選手を脅かすのは敵チームでも審判でもない「兵役」だった。ソン・フンミンと韓国の徴兵制について調べてみた。

サッカーを習ったのは父親

5年前までは香川真司が達成すると日本人の誰もが思っていた、アジア人初のプレミアリーグ2桁得点、この偉大な記録を見事打ち立てたのは今やトッテナムに必要不可欠な存在となったソン・フンミンだった。

香川真司最新の移籍の噂、関連記事はこちら

小中学校時代にはクラブに所属せず父親にサッカーを習っていた彼は、高校生になると優秀選手として海外留学、ドイツ名門で現日本代表の酒井高徳が所属するハンブルガーSVのユースチームに所属。高校卒業後はハンブルガーSVと契約した。怪我で試合から遠ざかる時期もあったが、2012-2013シーズンは2桁ゴールを達成し、翌年ドイツの強豪レヴァークーゼンに移籍。ここでもまた2年連続2桁ゴールを達成しブンデスリーガにて3年連続で2桁ゴールを達成する。これだけの活躍をすればビッグクラブへの道が開ける。プレミアリーグでも安定して勝ち星を積み、ヨーロッパリーグの常連であるトッテナムへ移籍。その際の移籍金はアジア人最高額の41億円であった。

至って順調、サッカーに悩みはないが・・・

2016-2017シーズンは前述の偉大な記録を達成する程、サッカー選手としても充実した生活を送っているソン・フンミンだが、別に大きな悩みがある。それは韓国人特有の悩みである「徴兵制」だ。
韓国の男性は満18歳になった際に徴兵検査というものを受ける。心理検査、身体検査や適性分類などの検査を受け判定結果から兵役義務の有無を判定される。兵役を課せられることになった場合、満30歳までに軍に入隊しなければならない。最近では韓国や日本でも人気のK-POPスター「BIG BANG」のメンバーが活動を休止し入隊したことが話題となった。このままだとソン・フンミンはサッカー選手として濃密な時間を過ごすことになる向こう6年間のうち2年を費やしてしまうことになる。入隊のタイミングを誤るようなことはできない。

サッカーのキャリアと兵役・入隊の天秤

おそらく、ソン・フンミンが抱く一番の悩みは「入隊のタイミング」だろう。読者の方には、「どうせ30歳手前でサッカーが一段落つくだろ」と思う方もいるだろう。しかし、そこで考慮しなければならないものがある。それは「入隊時、上官や同僚がみんな年下」ということである笑

これはかなりきつい!ヒョンビンが除隊時に泣くレベル。

世界を舞台に活躍したスター選手がちやほやされた選手生活から一変して、年下の上官に罵詈雑言の限りを約2年間に渡って浴びせられ続けるのである。何か回避する方法はないのか調べてみると、”スポーツ選手の特例”として「オリンピックで3位以内」「アジア大会で優勝」すれば兵役が免除されるという大統領令が有った。が、しかし2016年に開催されたリオオリンピックでは韓国の代表として出場するも決勝トーナメントまで進出し初戦敗退。絶好のチャンスをふいにしてしまい、ソン・フンミンはピッチに崩れ落ちた。

残る希望は「2002年の偉業の再現」

大統領令は上記の通りだがそれにも当てはまらない特例があった。それは「韓国代表の日韓W杯4位の偉業」であった。日本ともにW杯の開催国となった韓国はグループリーグを首位で突破。決勝トーナメントも破竹の快進撃となり、強豪国イタリアとスペインを破り4位で大会を終えた。W杯4位という結果が国内で認められ当時のメンバーは兵役を免除された。

困難な道のりを乗り越えて、今まさに掴みかけているサッカー選手としての栄光を兵役といった形で終わらすのは勿体ない限り。ソン・フンミンは是が非でもW杯に出場し韓国代表の仲間とともに上位入賞を目指さなければならない。

この記事のまとめ

・小中学時代はクラブに所属せず父親にサッカーを教わっていた
・2桁ゴール達成の頻度が異常に高い(4シーズン)
・スポーツ選手が兵役を免除される特例がある
・ロシアW杯はソン・フンミンの活躍が楽しみ

ソンフンミンが骨折!手術後の状態・経過・全治とは?関連記事はこちら

スポンサードリンク