東京競馬場コースの特徴とは?血統・脚質・枠順の有利不利も併せて!

広い幅員と直線の長さが特徴の国内最大の競馬場!各コースそれぞれ年に何度かの重賞レースを開催しているのでこのコースの特徴を掴むことがG1などの大レースでの的中の鍵となるでしょう!

東京競馬場芝コース

東京競馬場芝1400mコースの特徴

東京競馬場の芝コースで最も短いコースである為、他場の1200m条件を使ってきた馬なども出走してくるコースだが、1400m条件は特殊。1200mや1600mで好走歴がある馬で最も過信は禁物!スプリンターは飛ばしすぎて持たないし、マイラーは先行すればペース
に対応できず、差せばさし遅れてしまうので中段に構え少し早いペースでも追走に問題がない馬を狙いたい!内枠有利。注目血統はサクラバクシンオー、ダイワメジャーやフジキセキ!

東京競馬場芝1600mコースの特徴

スタートが向こう正面の入口、U字に回ってゴールを目指すことになり長い直線を2本こなさないといけないコース形状!このコース形状から切れ味一辺倒の馬ではなく「長い距離をスピードを維持して走れる馬」が馬券になりやすく血統的にはスピードと豊富なスタミナを併せ持ち配当妙味もあるロベルト系を狙いたい!ディープインパクト産駒についてはリアルインパクトやヴィルシーナがG1を勝ったことから先行型を狙いたい!

東京競馬場芝1800mコースの特徴

スタート直後に緩いカーブがあるコース、その形状から内枠が有利。切れ味を持った差し馬
を狙うのが定石ではあるが、前半が高確率でゆったりしたスローペースになるので筆者はここであえて先行馬を狙いたいと思います!狙う血統はディープインパクトやフジキセキ!

東京競馬場芝2000mコースの特徴

東京競馬場1800mコースのすたーとから更に200m奥からスタート外枠も外回すことになるが、内枠も包まれたらアウトということで結果的にどの枠にもイーブンな条件。距離的にも200m延びたことからより前が止まりやすく東京競馬場芝1800mコースよりもさらにディープインパクト産駒の活躍が目立ちます!

東京競馬場芝2400mコースの特徴

春はダービー、秋はジャパンカップと国内最大級のG1レースが行われるコース!このコースはこれまでのダービーやジャパンカップの結果を見てもらえれば一目瞭然で内枠が断然有利!脚質的にはこの距離を逃げて押し切れる馬は多くなく長く良い差し足を持つ馬を狙いたい!血統はここもやはりディープインパクト産駒、そのディープインパクト産駒の活躍で目立たないのが特注血統ハーツクライ!

東京競馬場芝2500mコースの特徴

東京競馬場芝2400mコースと100mしか変わらないことから、一緒くたにしがちなこのコースですが、スタンド前の坂を2回登ることから一気にスタミナ要素を求められるようになります!後方一気で差してくる馬は狙いづらく、先行する馬でスタミナとスピードに富んだ馬を狙いましょう!血統的にはこれまで強かったディープインパクト産駒はあまり活躍しておらず、狙うべきはハーツクライ産駒や母父トニービン!

東京競馬場芝3400mコースの特徴

このコースが使用されるのは年1度行われるダイヤモンドステークスのみ!これまで馬券になった血統はハーツクライやダンスインザダークなどのサンデー系でもスタミナよりの血統です!長距離をこなすスタミナと直線他馬を差すないしつきはなす為のちょっとした瞬発力が鍵となりそう!

東京競馬場ダートコースの特徴

東京競馬場ダート1300mコースの特徴

東京競馬場のダートコースで1番短いコース。ハイペースで行って直線を迎えるため差し馬は買いづらく、逃げ先行でそのまま伸び続ける馬を狙うコース!伸び続ける必要があるので血統もそういった背景でキングヘイロー、タイキシャトルやフォーティナイナー系の馬が走るコース!

東京競馬場ダート1400mコースの特徴

東京競馬場ダート1300mコースとは打って変わって差し馬が飛んでくるコース!1300mコースで好走する馬が直線で止まるイメージで差し馬を買いたい!差し馬有利なので枠もスムーズに運べる外目の枠を狙いましょう!
差し馬といえば血統もサンデー系!

東京競馬場ダート1600mコースの特徴

東京競馬場芝1600mコース同様、長い直線2本を走るU字コース!やはりここでもロベルト系血統を妙味含め狙いたい!枠に関しては芝スタートの影響か外枠の芝も走れる馬が位置を取りやすいです!外枠・ロベルト系・先行馬は狙い目!

東京競馬場ダート2100mコースの特徴

東京競馬場ダート2400mコースの特徴

(画像出展:JRA 公式サイトより)

スポンサードリンク