【函館記念2017】枠順発表と予想!枠番・血統・コース・ハンデ踏まえ

函館記念2017の枠順枠番が発表!函館芝2000mの特徴と血統傾向に加えて筆者の本命予想も書いてみました!

函館記念2017の枠順が発表!枠番とハンデへの所感

1
サトノアレス
牡3 ルメー 54.0 3.6
1人気

2
ダンツプリウス
牡4 丸山 56.0 41.2
10人気

3
ナリタハリケーン
牡8 藤岡康 54.0 72.7
14人気

4
ケイティープライド
牡7 鮫島駿 52.0 29.9
9人気

5
レッドソロモン
牡5 岩田 56.0 49.1
12人気

6
アングライフェン
牡5 北村友 55.0 10.1
6人気

7
マイネルミラノ
牡7 丹内 58.0 6.3
4人気

8
カムフィー
牡8 勝浦 54.0 288.3
16人気

9
スーパームーン
牡8 四位 55.0 48.4
11人気

10
ステイインシアトル
牡6 武豊 57.0 4.0
2人気

11
ツクバアズマオー
牡6 吉田豊 57.0 5.3
3人気

12
ルミナスウォリアー
牡6 柴山 55.0 12.5
7人気

13
パリカラノテガミ
牡6 松岡 53.0 104.6
15人気

14
タマモベストプレイ
牡7 吉田隼 56.5 56.2
13人気

15
ヤマカツライデン
牡5 池添 55.0 18.6
8人気

16
サクラアンプルール
牡6 蛯名 56.0
5番人気

不振の多いトップハンデはマイネルミラノも展開次第では残り目もあるか?昨年2着の大穴ケイティープライドは据え置きの52kgで買いたくなりますが、昨年馬券になったのは異常なペースのせいなのでコーナーでの出し入れがきつくなりそうな今年は期待できない?

函館記念2017で注目するべき血統とは

函館記念2017で注目したい血統を一言で言うと、スタミナとスピードの持続力でしょうか。データにて上位にくる種牡馬はキングカメハメハ、シンボリクリスエス、マンハッタンカフェ、ジャングルポケット、ステイゴールド。

よく血統を語る中で言われるのは「2ハロンが速い馬」「3ハロンが速い馬」「4ハロンが速い馬」。キングカメハメハは「2ハロンが速い馬」、「3ハロンが速い馬」はご存知ディープインパクト。そして「4ハロンが速い馬」が上記のシンボリクリスエス、マンハッタンカフェ、ジャングルポケット、ステイゴールドになってくるのです。

また細かい部分まで目を配るとシンボリクリスエスに代表されるロベルト系、ジャングルポケットに代表されるグレイソブリン系、そしてサンデーサイレンス系などの中でもスタミナよりの血統、例えば上記以外でもダンスインザダークなども向いていると考えられます!

函館記念2017の舞台となる函館競馬場を含む小回りコース前半は、残り3ハロンの位置3コーナあたりになります。当然どの馬も3コーナー前後で仕掛け始めるのですが、そこで血統の差が出てきます。

ディープインパクトは「3ハロンが速い馬」ですがコーナーでの加速は上手ではないため成績を落とし、直線の残り2ハロンだけないし3コーナー突入前より仕掛けられるスタミナ血統でコーナーリングがうまいシンボリクリスエス、マンハッタンカフェ、ジャングルポケット、ステイゴールドそしてキングカメハメハが台頭してくるという算段です。

函館記念2017が開催される函館芝2000mの特徴とは?

函館芝2000mの特徴は大きなもので2点挙げられます。まず1点目は「出走枠による不利」です。データ上内の1枠と2枠、特に2枠の馬の好走率が高いそうです。枠不利は当日の馬場なども影響すると思うので2枠からしか買っちゃいけないと言いませんが、頭の片隅に置いとくべきでしょう。

2点目は芝質。中央主場の芝は硬い茎が土中に張り巡らされており、反発力が高い馬場となっていますが、函館競馬場と札幌競馬場の馬場にはこの茎が存在しないため柔らかい馬場となっています。よって一瞬の切れ味やスタミナが失われよりスタミナを要するエースとなるようになっています。

函館記念2017で筆者の本命予想

これらのことを踏まえて筆者が函館記念2017で本命と予想するのは「3枠6番アングライフェン」になります。血統・枠・コースどれを取っても申し分なく個人的には3着に入る可能性が高い馬の中で一番人気がないと思っています!

この記事のまとめ

・函館記念2017の枠順発表!有利な内枠に人気馬サトノアレスが入る
・函館記念2017で注目するべき血統はスタミナ血統・欧州血統・ダート血統
・函館記念2017が開催される函館芝2000mの特徴は、キレない洋芝と枠不利
・筆者の函館記念2017の本命予想はアングライフェン

(画像出典:JBISサーチ公式サイトより)

【中京記念2017】出走予定・登録馬!過去データとコースの特徴

スポンサードリンク